矯正歯科

companyname
|

大人の矯正治療

歯並びを正しく治すことで、
表情が明るく積極的になるなど
心理的・精神的に好影響がもたらされます。

目立ちにくい表側装置

|
ワイヤー矯正 50万円(税別)〜

歯並びがよくないと、見た目が悪いだけではなく、身体にも影響が出てしまいます。
また、どんなに上手に磨いたつもりでも、歯と歯の間は歯垢だらけ。
むし歯や歯周病が発生しやすい環境になってしまいます。

肩こりや頭痛なども咬み合わせが悪いことが原因の場合もありますし、
悪い咬み合わせを放置していると、顎の形が左右にずれてしまうこともあります。

当院では矯正専門医による、できるだけ抜かない矯正治療を行っております。

|

舌側(裏側)矯正装置

表から目立たない舌側(裏側)矯正治療、マウスピースによる矯正治療や目立ちにくい矯正治療など、
成人の方の気になる点に配慮した矯正治療を行っております。
セラミック製ブラケットなどと組み合わせると、比較的目立たない矯正治療が出来ます。
目立たないブラケットに目立たない矯正ワイヤーを組み合わせた矯正方法は以下の利点があります。

表からの装置の中では一番目立ちません。
表からの矯正方法なので
適応症例の範囲が広い。
舌側装置と比べ、
装置装着後の違和感が少ない。

■プラスチック
目立ちにくいが、歯より柔らかい素材であるため、かけてしまうこともある。
金属に比べ、コントロール性は弱い。
■セラミック
目立ちにくく、歯より固く丈夫な素材。
ただし歯とぶつかったときに、歯を傷めてしまう可能性あり。
|

ブラケットもワイヤーも歯の裏側に装着するため、外からはほとんど見えません。
デメリットとしては、舌が装置に触って気になったり、
発音がしにくいなどがあげられますが、慣れていく場合がほとんどです。
既製型裏側矯正装置のほか、完全オーダーメイドの裏側矯正装置などがあります。

舌側(裏側)矯正治療の
メリット・デメリット
〈 舌側(裏側)矯正治療のメリット 〉
装置が見えないので人に気づかれにくい
歯の裏は表より丈夫なので
接着剤のダメージが少ない
装置の構造上、出っ歯を効率的に治療しやすい
〈 舌側(裏側)矯正治療のデメリット 〉
装置が舌側なので慣れるまで発音がしにくい
普及している表側装置より費用が高い
舌側矯正ができる歯科医院がまだ少ない
|

マウスピース型矯正装置

当院では出来るだけ歯を抜かない治療を
心がけております。

超薄型の透明のマウスピースを装着する矯正治療です。
見えない矯正治療・ 目立たない矯正器具・通院回数の少ない矯正治療を
ご希望される方にオススメします。

マウスピースタイプの治療は何かあるときは装置をはずしてしまえば、まったく普段とおりとなります。
発音も問題なし装置も透明なのでつけていてもほとんど気がつきません。
ただし、適応症に限りがあり日本人に多い不正咬合には向かない場合があります。
また当然のことながら装置をつけていないと治療が進みません。通常、1日17~20時間の使用が必要です。

|
インビザライン 上下顎 60/span>
万円<(検査費5万円含む)〜

スケジュールに合わせて治療方法をアレンジ

スケジュールに合わせて
治療方法をアレンジ

結婚式に合わせて
海外留学、海外転勤のある方へ
妊娠ご希望の方、妊娠出産される方へ
受験、就活をされる方へ

年齢や性別、ライフステージなど、様々な状況に合わせた矯正治療を行います。

お子さんの矯正治療

身体が成長している中で治療をはじめるので、
抜かないで治る可能性がより高くなります

歯並びが悪くなる前に治す、または予防するという観点から、
大人の矯正より比較的楽に治療ができます。
また、早めの治療は、むし歯予防にもつながります。

小児矯正 1歯 2
万円(税別)〜
|

3歳~5歳で一度検査を受けることを当院ではおすすめしています。
この時期に受診しておくことで、予防矯正やあごの成長誘導により
将来抜歯をしなくても綺麗な歯並びにできる可能性が高まります。

歯科検診や近所の歯科医院で指導をうけた
うけ口、出歯、乳歯がでこぼこしている、開口
いつも口を開けている
舌をいつも動かしている
指しゃぶりがやめられない
発音がおかしい
etc…

治療は、ご両親と歯科医師が話し合いながら、最善の治療を見つけ出していきます。
「矯正ってかなり時間がかかるの?」「痛くないの?」などの小さな疑問や不安についてもお応えし、
安心して治療に専念していただけるように努めてまいります。

なぜ歯並びを良くする必要があるの?

なぜ歯並びを
良くする必要があるの?

かみ合わせが悪いと、
お身体全体に悪影響を与えます。
また、受け口や出っ歯などは
コンプレックスなど心の成長に
影を落としてしまったり、
発音障害につながったりする
ケースもあります。

前歯や奥歯がかみ合っていない場合には、食物を噛み砕き、
消化しやすい状態にする咀嚼能力や発音に影響を与える可能性があります。
また、こうした不正咬合では、鼻で呼吸せず口呼吸を習慣的に行っていることがありますが、
口呼吸は健康上のさまざまなリスクがあります。
当院の矯正治療では、歯並びを整えると共に、こうした癖を治します。

小児矯正歯科治療のメリット

あごの骨の成長をコントロールしながら、
無理なく美しい歯並びへ

永久歯が正しい位置に生えることができるよう
あごの成長をコントロールできるのは、成長期のお子様だけです。
この時期に矯正治療を受けておくことで、装置を使った矯正治療を最小限に抑えることができます。
抜歯や手術の可能性が減りますし、早い時期にコンプレックスを解消しておくことができます。